工務店の生きる道とは、中大規模に活路、地域守りでシェア確保を

[PR]住宅産業新聞デジタル版が15年2月からスタート!!お得な料金設定で

 「消費税率の増税後である2020年以降、戸建住宅の着工戸数は年々減少する一方だろう」――そんな悲観的な発言を様々な場所で耳にする。住宅供給における大手ハウスメーカーが占める割合が約25%なのに対して、中小の大工・工務店が占める割合は約75%といわれている。大手ハウスメーカーでは既に付加価値を高めた住宅建設をはじめ、中大規模建築にシフトしているメーカーも多く、少子高齢社会の進展により、経済・社会環境において影響が見え始めている状況において、中小規模の工務店はどう生き残るべきなのだろうか。

2017年09月28日01面_住宅産業

関連するキーワード

SNSで住まいのニュースを配信中

ツイッター フェイスブック 住宅産業新聞社のGoogle+ページ

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)