道路上の建築を一般道へも適用拡大、国交省特定地域以外でも可能に、住宅などの需要あり

[PR]住宅産業新聞デジタル版が15年2月からスタート!!お得な料金設定で

 国土交通省は、一般道路の上空にも住宅団地などといった建築物を建設できるように立体道路制度の適用範囲拡大について検討を進めている。現行制度上、多くのエリアでは自動車専用道路・高架道路の上空でのみ建築が可能となっており、一般道路の上空には建築物を建てることができない。立体道路制度を活用して、これまでに道路上に住宅団地や高層ビルが開発されるなど、有効活用されてきた事例は多い。また需要が見込まれる地域もあることから、特定の地域のみに認められている一般道路上空の建築を、特定の地域以外へと適用範囲を拡大させる。20日に行われた都市計画基本問題小委員会都市施設ワーキンググループ(WG)の第2回会合で議論した。会合ではこのほか、駐車場の配置の適正化や都市計画道路の建築規制についても議論された。

2017年10月26日05面_住宅産業

関連するキーワード

SNSで住まいのニュースを配信中

ツイッター フェイスブック 住宅産業新聞社のGoogle+ページ

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)