16年度の電話相談が初の3万件台、住宅リフォーム紛争処理センター

2017年06月29日05面_住宅産業

 公益財団法人住宅リフォーム紛争処理支援センターはこのほど、2016年度の「住宅相談と紛争処理の状況」をまとめた。それによると、16年度の新規電話相談件数は前年度比5・3%増の3万163件だった。9年連続で増加し、電話相談を開始した00年度から初めて3万件を上回った。
 新規電話相談件数のうち、新築相談とリフォーム相談の合計は2万7249件で、前年度より5・0%増加した。相談の対象となった住宅は「戸建住宅」が全体のうちの79%を占め、「共同住宅等」が21%を占めた。比率は前年度から変化はなかった。相談内容は、住宅の不具合や契約上に関するトラブルが多く全体の65%を占めた。相談者は、「消費者」からの相談が84%、主に消費者からの相談を受けている「消費生活センター・地方公共団体」が7%、「事業者」からが6%となった。


2017年06月29日付5面から一部を抜粋
お得で便利な定期購読のご案内
デジタル版を試し読み!

関連するキーワード

全国の住宅関連ニュース(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

SNSで住まいのニュースを配信中

最近の記事一覧

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)