注目の助成金(31)大人気の「ものづくり補助金」2次公募開始

全文公開中

8月19日午後1時、中小企業庁の大人気補助金「ものづくり補助金」の2次公募が始まりました。公募期間は今月20日午後3時までです。この補助金は、日本経済を支える中小企業・小規模事業者が取組む革新的なサービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善に対して、その設備投資費用の一部を最大1千万円補助します。

今年のものづくり補助金は、2つの理由で2次公募がないものと考えられていました。今年度の予算が800億円と、前年度と比べて200億円ほど少なくなっていたからです。また、今年度のものづくり補助金は2次締切までの期間が2ヵ月半ほどあり、前年度(2018年2月28日~4月27日)と比べて長期間だったという理由もあります。

そんな予想に反して実施された2次公募のため、今年はダメだと諦めていた方には喜ばしいことです。しかし、実際に2次公募に採択されるのは極めて難しくなると考えられます。と言うのも、1次公募の時点で採択企業が7468件もあり、予算800億円の大半がその企業に支払う補助金で消えます。そのため、2次公募の採択件数は残りわずかの予算分のみとなり、倍率は非常に高くなると見込まれます。採択されるには、1次公募以上に完成度が高い申請書類を用意する必要があります。

気になる要件は次のページで

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

最近の連載

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)