住宅改良開発公社住まい・まち研究所=英国のまちづくりを調査・研究、新ビジネスモデル構築へ、住宅整備以上で資産価値高める動き創出も

「持続可能なまちづくりができれば」――。理想ではあっても、難しいのではないかと思えてしまう。そんな、日本が抱える課題に対し、解決策の一例を考えられないかと調査、研究を進めているのが、住宅改良開発公社の住まい・まち研究所。結婚したり、子どもができたり、また高齢になるなど人生の各ステージでどんなときでも自分らしく暮らせるには何が必要か、そして40年以上前に開発されたニュータウンの活気を取り戻すまちづくり・コミュニティづくりはどのように進めればいいのかを研究し、今春、英国での調査結果を、報告書としてまとめた。

2024年05月14日付5面から抜粋
全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

記事をシェアする

ほかの記事も読む

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)