【Web先行】2018年の新設住宅着工戸数、2・3%減の94万2370戸、持ち家は平成で過去最少戸数

【2019年2月7日号に掲載予定記事の概要を先行でお伝えします。詳細は本紙1面をお読みください】

国土交通省が発表した2018年(1~12月)の新設住宅着工戸数は、前年比で2・3%減となる94万2370戸だった。2年連続での減少。

利用関係別にみると、持ち家は0・4%減の28万3235戸と2年連続で減少した。リーマンショック後09年の戸数を下回り、平成では最少の戸数となった。貸家は5・5%減の39万6404戸で7年ぶりに減少した。分譲マンションは3・8%減の11万510戸で、2年ぶりのマイナス。分譲戸建住宅は3・0%増の14万2393戸で、3年連続の増加となった

プレハブは5・4%減の13万1496戸で、2×4は2・6%減の11万6988戸。

住宅産業新聞は業界の幅広いニュースを掲載しています
定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

特集はこちら

コメントを残す

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)