スマートホーム実装に動き、住宅AIのエコライフがIoTで普及図る、介護施設などで省力化 | 住宅産業新聞

スマートホーム実装に動き、住宅AIのエコライフがIoTで普及図る、介護施設などで省力化

国土交通省や経済産業省が実証事業や支援事業を行っているIoTを用いたスマートホーム。あらゆる機器を、インターネットを通じて制御する。実装した住宅はまだ多くはないが、より実用的なシステムで普及を目指す動きも出ている。IoTよりも先取的な技術といわれる機械学習(人工知能・AI)による住宅機器の制御システム「CASPAR(キャスパー)」を販売するエコライフエンジニアリングは、4月からIoTによる自動制御システム「nammy(ナミー)」を発売した。ナミーは、住宅に限らず、福祉・介護施設や子育て支援施設などで、照明や空調などをオンラインで制御する。設置する対応機器の増減が可能で、キャスパーに比べて費用も大幅に抑制できる。施工者や運営者が取り組みやすいシステムで、住宅のIoT化の浸透を図る。
【記事全文は本紙4月11日号に掲載】

2019年04月11日付5面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)