パナホーム、女性視点の賃貸住宅を近畿エリアで本格展開

パナホームは、女性の視点や感性に応える賃貸住宅コンセプト『ラシーネ』の近畿地区での本格展開をスタートさせた。このほど、大阪府豊中市の本社ビル1階にモデルルーム「ラシーネ・テーマスタジオ」をオープン。さらに、京都初の実例となる「ラシーネ五條」(京都市下京区)も完成した。

これらを活動拠点に、8人で構成する「ラシーネ提案プロジェクトチーム」を編成し、営業力強化を図る。

テーマスタジオは、DINKS(共働き夫婦の2人世帯)向けプランのモデルルーム。オーナーをもてなすラウンジスペースと、面積49平方メートルで間取り1DKのDINKSプランで構成する。

2014年11月20日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部
住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)