ポラスグループ、宮城の仮設を阿波踊り慰問=仮設住宅建築きっかけに3年目 | 住宅産業新聞

ポラスグループ、宮城の仮設を阿波踊り慰問=仮設住宅建築きっかけに3年目

仮設住宅の敷地に響く鳴り物と「ヤットサー、ヤットヤット」のかけ声、音色につられて顔を出す仮設住まいの人たち――。

埼玉・南越谷阿波踊り振興会の有志連が5月25日、「阿波踊り慰問」で宮城県名取市の美田園第一仮設住宅地(全128戸)を訪れた。慰問は、埼玉・南越谷に阿波踊りを広めた中内俊三氏を創業者に持つポラスグループ(中内晃次郎代表)が仮設建築に携わったことをきっかけに始まり、今年で3年目を迎える。

ポラスグループは同社の有志社員で構成するPO連の参加を含め、阿波踊り慰問の企画と実行を毎年支援している。慰問に同行、現地を訪れた。

2014年06月05日付3面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)