和建築設計事務所と信州大学、K値0・58の超断熱サッシを開発=普及版開発で工務店交え分科会設立へ | 住宅産業新聞

和建築設計事務所と信州大学、K値0・58の超断熱サッシを開発=普及版開発で工務店交え分科会設立へ

有限会社和建築設計事務所(本社=長野県塩尻市、青木和壽代表)と国立大学法人信州大学は22日、環境省の2013年度地球温暖化対策技術開発・実証研究事業の委託業務として共同で実施している『超断熱サッシ開発による住宅の高断熱化検証とゼロ・エミッション住宅検証』の成果の一部として、新たに開発した熱貫流率0・58ワット/平方メートルK(K値)を実現したサッシ部が木製の超断熱サッシの実物を公開した。

和建築設計事務所と信州大学では今後、同サッシを住宅リフォームに導入した場合の省エネルギー効果の実証研究を行うと共に、11月にドイツで試験体を用いたISOの性能検証試験を行う。また、14年度内に建材流通事業者や工務店事業者を交えた専門分科会を設立、事業最終年度となる来年度に商品化を念頭に、超断熱サッシの普及版を開発する意向だ。

2013年10月31日付け3面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)