LIXIL、開口部の研究開発機能を強化=新設R&Dセンターに集約

LIXIL(東京都千代田区、瀬戸欣哉社長)は住宅・ビル用サッシおよび玄関ドアの研究・開発機能を強化する。東京都江東区大島の本店が置かれているLIXIL WINGビルに配置されていた住宅・ビル用サッシなど開口部の商品開発部門の全人員約100人を、10日に野田事業所(千葉県野田市)内で開設した研究開発棟『LIXIL Housing Technology Research and Development Center』(以下、R&Dセンター)に移管した。同時に野田事業所で勤務していた住宅・ビル用サッシに関する研究・試作・試験部門の人員も、その大部分をR&Dセンターに移した。商品開発と、その先の工程である研究・試作・試験の連携を強化させることで、開発作業の質を高めると共に商品実用化までのリードタイム短縮を図ることが目的。「(様々な要素がターニングポイントを迎える)2020年と、そこから先の大きな変化に対応するための準備の一環」(LIXIL Housing Technologyサッシ・ドア事業部サッシ開発部の中野敬祥部長)としている。

2017年10月12日付4面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部
住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)