住友林業、ベトナム北西地域の森林保全活動でオフセットクレジットの可能性調査委託先に | 住宅産業新聞

住友林業、ベトナム北西地域の森林保全活動でオフセットクレジットの可能性調査委託先に

住友林業は、「2国間オフセット・クレジット制度(BOCM)の実現可能性調査事業」の委託先に、引き続き採択されたと発表した。環境省が、公益財団法人「地球環境センター」に委託して行う事業。同社は、ベトナム北西地域での森林管理活動を通じた森林保全と、木材産業残材に基づくバイオマス発電に関するBOCMの実現可能性を調査するもので、昨年に続く採択となる。

調査は、同国北西地域の森林減少・劣化への対策として、天然林の再生・保全、焼畑農業に替わる定置型農業支援、木材加工産業とバイオマス発電の実施を検討する。また、焼畑による既存天然林の減少を抑制し、植林及び持続的な森林管理により、森林の炭素備蓄量が増加する効果を定量化。BOCMにおける排出権の創出を目指す。

2012年7月5日付け2面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)