住宅企業の事業構造多様化へ、野村総研が2023年度住宅着工再び80万戸割れ予想 | 住宅産業新聞

住宅企業の事業構造多様化へ、野村総研が2023年度住宅着工再び80万戸割れ予想

野村総合研究所が発表した2023年度までの住宅着工戸数予測によれば、今後10年間は80万戸台で推移するが、18年度をピークに減少し、再び80万戸を下回るとみている。

世帯数の減少や住宅の長寿命化の影響を織り込んだ予測で、2008年7月に行った同様の予測から推計手法を見直した。今回の調査をまとめた野村総合研究所の榊原渉上級コンサルタントは、大手でも住宅着工戸数に占めるシェアが数%しかなく、市場が縮小する中でシェア獲得に向けた戦略を展開すると指摘。今後は「住宅各社は、リフォームや(中古住宅)流通を徐々に拡大し、事業構造が多様化する」(榊原氏)とみている。

2011年8月11日付け7面から記事の一部を抜粋

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)