旭化成ホームズ、滋賀に新工場棟建設、自動化導入し生産能力増強へ | 住宅産業新聞

旭化成ホームズ、滋賀に新工場棟建設、自動化導入し生産能力増強へ

旭化成ホームズが、重量鉄骨システムラーメン構造住宅の生産能力を増強した。同構造主力の『ヘーベルハウス・フレックスG3』の受注増で「期初計画の2倍の1千棟が見込まれる」(渡辺衛男・取締役専務執行役員マーケティング本部長)状況に加え、11月発売の新商品『同・フレックスモナド』が高い評価となっているためだ。

このほど、生産を担当する旭化成住工の滋賀工場(滋賀県東近江市)に、最新鋭のロボットによる自動化ラインなどを導入し増産に踏み切った。同工場では、ライン増設で手狭になることから全体のレイアウトも見直し、新工場棟も建設している。

2010年12月15日付け1面から抜粋

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)