独法見直しで基本方針、支援機構の住宅融資保険など民間代替後「廃止」 | 住宅産業新聞

独法見直しで基本方針、支援機構の住宅融資保険など民間代替後「廃止」

政府の行政刷新会議(議長=菅直人首相)は11月26日、独立行政法人の事務・事業の見直しの基本方針を決定した。全独立行政法人の事業・組織について廃止、不要資産の国庫返納などを示したもの。住宅金融支援機構の住宅融資保険とまちづくり融資は2012年度、賃貸住宅融資が11年度から廃止としたが、省エネ賃貸融資などの事業については「民間による代替が可能になるまで」行うとした。

また、11年度から高齢者向け住宅に関する新たな融資・保険制度を構築、住情報提供機能は証券化事業などの関連を除き廃止し民間に委ねるとした。政府は、この基本方針を閣議決定し、12月中に行う来年度予算案策定に反映させる意向だ。

2010年12月1日付け1面から抜粋

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)