群馬セキスイハイム、地域密着・循環型の営業拠点展開=体感型を中心に、街へ呼び込む工夫も

群馬セキスイハイム(群馬県前橋市、山下昌宏社長)は5日、太田市飯塚町で開発中の「スマートハイムシティ太田」の街びらきイベントを開催した。

全165区画という大規模分譲地には、理想の住まいのイメージを膨らませる従来型の総合住宅展示場に加えて、新規開設した家づくりの基本を楽しみながら学べる体感型ショールームや一般的な住宅規模のモデルハウスなどが隣接。「ここに来れば、家づくりのすべてがわかる」(山下社長)と、地域密着・循環型の営業拠点を整備した。

同施設は、コロナ禍で開催が難しくなった構造・完成現場見学会の代替にもなる。「ぜひ、現地に来てもらい、街の熱量も肌で感じてもらいたい」(同)と呼び込む。

同分譲地は、セキスイハイム誕生50周年記念「全国一斉まちづくりプロジェクト」として、全国10ヵ所で展開するまちづくり企画の1つ。場所は、東武伊勢崎線の「太田駅」から南に2・7キロの都市計画区域内市街化区域。2021年9月に販売を開始し、このほど営業拠点となる各種施設がオープンしたのに合わせて、街びらきを行った。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

2022年03月15日付1面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)