セキスイハイム中部、体感型ショールームを三重支店に併設 | 住宅産業新聞

セキスイハイム中部、体感型ショールームを三重支店に併設

セキスイハイムミュージアム三重

セキスイハイム中部(名古屋市東区、高田匡秀社長)は、中部エリアで2施設目となる体感型ショールーム「セキスイハイムミュージアム三重」(三重県四日市市鵜の森1―3―20)を15日にオープンする。

VR(仮想現実)やプロジェクションマッピングなどの体感型設備や模型などを使って、日本の住宅の構造や工法、三重県内の災害予測など、家づくりの検討を始めた人向けの基本情報をわかりやすく提供する。

2018年12月13日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)