旭化成ホームズ・くらしノベーション研究所、過去15年の侵入被害を調査分析=昼間・外出時のシャッター閉め、住まい方で対策も

コロナ禍で減少したもののひとつに「住宅対象の侵入窃盗」がある。

警察庁の犯罪統計資料によると、2020年3月以降の月別の侵入窃盗の認知件数は、それ以前と比べて3割超の減少となった。

住宅対象の侵入窃盗は、窓や玄関などの建物側の防犯対策の強化などによって、03年をピークに減少が続いており、コロナ禍によるステイホームが減少傾向に拍車をかけた。

過去15年間の侵入被害について詳細な調査・分析を続けている旭化成ホームズ(東京都千代田区、川畑文俊社長)のくらしノベーション研究所(山田恭司所長)は9月29日、最新の調査報告書をホームページ上で公表した。

調査を担当した柏木雄介主任研究員は、緊急事態宣言解除後の侵入窃盗の増加を懸念する。

調査報告書では、直近の侵入被害の変化や設計による対策、昼間の外出でも夜間を想定したシャッター戸締まりなどの住まい方の対策を紹介。「侵入被害の減少につながればうれしい」(柏木主任研究員)と話している。

2021年10月21日付1面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)