中央住宅がDINKS想定し開発した分譲住宅、千葉県松戸市で「Sumi―Ka」を提供=情報集積しニッチなニーズに対応

ポラスグループの中央住宅(埼玉県越谷市、品川典久社長)は、千葉県松戸市内で展開している分譲住宅の一部でDINKSなどの小家族を想定して開発した「Sumi-Ka空の稔」の提供を行っている。

同社売買仲介部門で分譲住宅を開発している不動産ソリューション事業部によるもの。現在、同部が展開している分譲住宅のうち供給数は1割程度だが、「仲介現場で得た情報を集積することでニッチなニーズに対応している」(企画開発課・村田嵩胤課長)と強調する。

通常の分譲住宅と比較して延床面積は8割ほどで、間取りも2LDK対応とコンパクトな設計のため隣接するファミリー向け分譲住宅「HITO―TO―KI」よりも500万円程度割安という。同社では、「Sumi-Ka」で導入した仕様を通常の分譲住宅にも反映させることも考えている。

2021年05月20日付3面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)