大手建材メーカー、フローリング製品値上げ=大建工業・永大産業、原材料価格上昇で | 住宅産業新聞

大手建材メーカー、フローリング製品値上げ=大建工業・永大産業、原材料価格上昇で

大手建材メーカー各社が製品価格の値上げを打ち出している。大建工業(大阪市北区、億田正則社長)が6月21日出荷分から輸入ラワン合板を基材に使うフローリングおよび、畳製品などの価格を引き上げるほか、永大産業(大阪市住之江区、枝園統博社長)が7月出荷分から全フローリング製品の価格を値上げする。こうした木質建材以外の住宅設備・建材製品の価格も、アルミや銅の価格上昇を背景にこれらを素材に使う製品で価格転嫁を目的に今後値上げが行われる可能性が出ており、住宅建設の基礎資材全般でコストが高まりそうだ。

2021年05月20日付4面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部
住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)