JKホールディングス青木社長、下期売上高について減少率圧縮に期待=2021年1~3月の改善予測など理由に

JKホールディングス(東京都江東区、青木慶一郎社長)の青木社長は4日に行った2021年3月期第2四半期決算説明会の中で下期の業績展望について、約11%減となった上期の売上高を引き合いに「上期よりは落ち込み幅が小さくなるのではと期待している」と述べた。利益面は販管費削減や既存事業の利益率改善など上期に効果を上げた取り組みを継続、確保に努めたいとした。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

2020年12月10日付1面から抜粋
全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する

あわせて読みたい

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)