◎レジリエンス性重視の分譲住宅住宅地開発相次ぐ、コミュニティZEHも◎ | 住宅産業新聞

◎レジリエンス性重視の分譲住宅住宅地開発相次ぐ、コミュニティZEHも◎

エネルギー自給や災害対応など、レジリエンス性に焦点を当てた住宅分譲地の開発が相次ぐ。プライムライフテクノロジーズ(東京都港区、北野亮社長、略称=PLT)傘下の住宅企業3社は、愛知県みよし市で開発中の大型分譲地で、全区画を防災・減災対応仕様の戸建にするとともに、防災機能を備えたセンターと連動させるタウンマネジメントを導入する。また、積水化学工業住宅カンパニー(東京都港区、神吉利幸プレジデント)は、全国11ヵ所の自社分譲地に、国が推進するコミュニティZEHの考えを取り入れた展開を行う。このほど群馬と山梨の2ヵ所の分譲地の販売を開始した。いずれも、近年の自然災害の多発・激甚化を受けて、分譲住宅のユーザーの関心が、住まいの安全・安心を求める方向に変化してきたことへの対応という。

2020年10月22日付1面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)