◎新昭和FCパートナーズが〝時産〟コンセプトにした『ハピエス』の販売開始=共働き層をターゲットに、家事シェアや効率化図る◎ | 住宅産業新聞

◎新昭和FCパートナーズが〝時産〟コンセプトにした『ハピエス』の販売開始=共働き層をターゲットに、家事シェアや効率化図る◎

新昭和FCパートナーズ(千葉県君津市、井家上進社長)がフランチャイズ形式により日本全国で営業拠点を展開する住宅FCブランド「クレバリーホーム」は、9月8日から共働きや在宅ワークを行う家族をターゲットとした新商品『hapies(ハピエス)』の販売を開始した。同社は2003年から子育て世代の〝女性目線の家づくり〟をテーマとした『shufule(シュフレ)』を販売。今回の『ハピエス』は、『シュフレ』のコンセプトを見直し、新たな機能を追加・リニューアルしたもの。家事の効率化および家事シェアが可能なプランニングにより、家族のゆとり時間を生み出す〝時産〟をコンセプトとしている。同社では『ハピエス』の販売を記念して今月31日までキャンペーンを実施。キャンペーン期間中、全国160のFC加盟店舗で800棟の販売を目指している。さらに今後は新たな住宅の柱として「暮らすだけで免疫力が高まる家」を全国に展開していく考えだ。

2020年10月08日付3面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)