クリエイト礼文『スマートユニテ』、仙台市内に初の展示場を開設 | 住宅産業新聞

クリエイト礼文『スマートユニテ』、仙台市内に初の展示場を開設

富沢展示場富沢展示場

クリエイト礼文(山形県山形市、渡辺晃会長、大場一夫社長)は12日、『スマートユニテ』の展示場として仙台市太白区内に「富沢展示場」をオープンした。

同社は2008年に山形市内で箱形の2×4住宅のブランド『ユニテハウス』を発売。それ以来、全国において同ブランドによるフランチャイズ(FC)展開をしてきたが、同社のマルチブランド化施策の一環として昨年秋に、土地・建物ともにコンパクトでコストパフォーマンスが高いQOL(生活の質)を追求した新ブランドとして『スマートユニテ』を発表し、今年4月から山形市内を中心に先行展開した。

主に20歳代のほかに50~60歳代という世代にも評価されたこともあり、『スマートユニテ』の受注が全体の3割を占めるようになったという。

今回の「富沢展示場」の開設を機に仙台市内でも展開をしていく考えで、同時にFCの新規加盟店募集を全国的な推進を図っていく。

2019年10月16日付3面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

コメントを残す

こんな記事も読まれています

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)