三井ホーム、木造耐火の教会建築中、非住宅分野に弾み

三井ホーム(東京都新宿区、市川俊英社長)は13日、2×6構法の3階建て木造耐火構造の教会兼住宅の業界関係者向け構造見学会を開催した。

当該物件は東京・月島2丁目の住宅地に建築中で、内部の礼拝堂の大空間は木質トラスを採用し7メートル15センチのロングスパンを実現。

2枚の強化石こうボードで構造体を覆い、1時間の耐火性能を確保した。

規制の厳しい防火地域でも2×4構法で対応可能という実績をアピールし、非住宅系の受注拡大につなげる。

2018年07月19日付2面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)