BIMによる確認検査を検証、日本ERI

日本ERIは、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)データを用いた確認審査の検証を進めている。

BIMが建築設計において普及が進んでいるため。設計者がBIMを用いて建物の形状や仕様を立体で可視化させたものを確認審査でも活用したいといった要望が出ていることも背景にある。

2017年8月にBIM推進センターを設置して研究を進めてきている。

今年6月には同社として初めて、BIMで作成されたデータを書き換えられないようにしたものを確認申請書、構造図などとともに電子申請で受け付け・審査し、確認済証を交付した。

2018年07月19日付5面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)