パナソニックホームズにPSJ工法、パナES社が木造躯体関連部材事業立ち上げへ=〝パネル〟で木造建築工業化

パナソニック・エコソリューションズ社(大阪府門真市、北野亮社長)は新規事業として、木造パネルの活用を特徴とする木造住宅合理化システム長期性能タイプ『PSJ工法』(認定番号L1710-01)をメーン商材とする、木造躯体関連部材事業を立ち上げる。

事業の開始時期は未定。PSJ工法について北野社長は5月30日に行った投資家向け事業方針説明会の中で、子会社のパナソニックホームズが今後商品化する普及価格帯の木造戸建住宅向けに「パナソニックホームズで展開する考え」と述べた。

パナソニック・エコソリューションズ社では、PSJ工法を既存商材『テクノストラクチャー工法』と同様に市販するかどうかの住宅産業新聞の問い合わせに対し、「販売方法については検討中」と回答している。

2018年06月14日付1面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)