17年度の戸建て平均単価、高付加価値化で上昇基調続く | 住宅産業新聞

17年度の戸建て平均単価、高付加価値化で上昇基調続く

大手住宅企業の2017年度の戸建住宅の平均単価は、上昇基調が続く。

主要7社の17年度決算から、戸建住宅の平均単価をまとめたところ、全7社が前期比で0・5~5%程度の微増となった。多くの企業が「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)対応や設備・仕様などの高付加価値化」を理由としてあげている。

平均単価が最も高かったのは、高級住宅メーカーを自称する三井ホーム。2年連続で4千万円台をキープしている。

2018年06月14日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)