中央住宅、浦和で20戸の戸建分譲

ポラスグループの中央住宅(埼玉県越谷市、品川典久社長)は13日、さいたま市緑区において20戸からなる戸建分譲「浦和ブライツ」の販売を開始した。

同分譲地すべての土地面積が100平方メートル以上に規定されているほか、これまでの同社分譲住宅と比べ、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)レベルのハイスペックな断熱性能としており、全熱交換型24時間換気システムも全戸で採用している。

同社では「浦和エリアの特性を取り入れた希少性の高い現場であり、注文住宅志向のお客様にも対応可能な物件」(営業企画設計課・古垣雄一課長)と位置づけている。

報道向けの見学会が行われた12日時点で7件の申し込みがあるなど反響も順調だという。

2018年01月18日付3面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)