ミサワホーム、1月にIoT分譲モデル住宅 | 住宅産業新聞

ミサワホーム、1月にIoT分譲モデル住宅

ミサワホームは、今月から山梨、奈良の戸建分譲地においてIoT(モノのインターネット化)機器を導入したモデルハウスを展開する。

分譲地においてIoTを展開するのは、テーマ性を持たせ、ユーザーに来場してもらい、体感してもらうことが目的。8種類のIoT機器を導入する。

生活のイメージが付くテーマを設定し、商品企業による開発の経緯などの説明や実際の生活スペースで体験できる場として提供する。

「良い点だけでなく悪い点も見てもらい、積み重ねていきたい」(水島明浩開発事業部分譲・事業推進課)としている。

2017年12月21日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)