サービス付き高齢者向け住宅・住宅メーカーの視点=「ハイムガーデン」地域での多世代交流含めて展開、積水化学工業住宅カンパニー

積水化学工業住宅カンパニーは、2004年4月から高齢者自立支援・介護サービス事業を展開する100%子会社「オアシスセンター」を運営してきたが、15年に立ち上げたサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)「ハイムガーデン」は、設計・施工から運営までを一貫してグループで手がけている。ソフトとハードを一体で提供し、太陽光発電システムと蓄電池などを導入し、防災井戸を設けた減災型のまちづくりとして自社分譲地に隣接した場所へ建設するなど、地域と密着した循環型ビジネスの構築を目指している。「ハイムガーデン」の現状と今後について、同社営業統括部住生活サービスグループ長の木藤昌俊氏に話しを聞いた。

2016年11月24日付2面から抜粋
全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

記事をシェアする

あわせて読みたい

ほかの記事も読む

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)