Houzz、空間デザインの新アプリ、双方向、同時にシミュレーションを実現 | 住宅産業新聞

Houzz、空間デザインの新アプリ、双方向、同時にシミュレーションを実現

インターネット上で住宅デザインおよび設計のプラットフォーム「Houzz」(ハウズ)を提供しているHouzz Japan(東京都渋谷区、加藤愛子社長)は12月21日、同サイト上で複数のユーザーが同時に、住まいづくりやインテリアデザインをシミュレーションできるiPhone・iPad用アプリ「Sketch(スケッチ)」を発表、同日から運用を開始した。施工中の空間画像に、同社が事業展開する世界11ヵ国以上からアップされている建材やインテリアの製品写真を取り込んで配置し、具体的な空間イメージを見ることができたり、工務店など事業者側が見込み客の志向をキャッチするのに活用できる。また各ユーザーが遠隔地に所在していたとしても、具体的な製品、素材、色をビジュアルで確認できることから「打ち合わせのミスコミュニケーションをなくし、家づくりの過程を従来よりも簡単にできる」(加藤社長)メリットがある。当初はiOSのみの対応だが、今月にもAndroidOSも提供する予定という。

2016年01月01日付10面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)