住友林業、真庭市で森林づくり事業=持続可能なプランを策定

住友林業と岡山県真庭市は5日、真庭市庁舎内で住友林業が同市から受注し7月上旬にスタートさせた「里山真庭の森林づくり推進事業」の説明会を行った。説明会には太田昇真庭市長および早野均住友林業代表取締役副社長兼資源環境本部長などが出席した。同事業は真庭市内の森林の一部をモデル地域に設定し住友林業が今年度末までに持続可能な森林経営のマスタープランを策定する内容で、2016年度以降は真庭市によるプラン実行と並行し、同社が適宜支援する形を取る。

2015年08月13日付3面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)