火災保険料引き上げへ、自然災害増加受けて=損保料率算出機構 | 住宅産業新聞

火災保険料引き上げへ、自然災害増加受けて=損保料率算出機構

損害保険各社でつくる損害保険料率算出機構は2日、火災保険料の算定基準となる参考純率を平均2・5%引き上げたと発表した。

台風や暴風雨、暴風雨などによる自然災害増加し保険金の支払いが増加したことに加え、温暖化により自然災害の将来予測に不確実な要素が増しているとの研究結果を受けての措置。火災保険料は参考純率を参考に経費など上乗せして個々の損保会社で決めており、保険料引き上げは今後の損保各社の判断によるものとなる。

2014年07月10日付5面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)