住宅金融支援機構、4-6月のフラット35申請戸数が反動で二ケタ減に、水準は年10万戸維持 | 住宅産業新聞

住宅金融支援機構、4-6月のフラット35申請戸数が反動で二ケタ減に、水準は年10万戸維持

住宅金融支援機構は12日、2012年4―6月の「フラット35」申し込み戸数を公表した。それによると、前年同期比27・8%減の2万7141戸と大きく減少した。11年9月まで続いた当初10年間1%金利引き下げ措置の反動減だが、戸数自体は年換算で10万戸超となる水準を維持している。

フラット35は、買取型と保証型の2種類で、買取型は民間から住宅ローンを住宅金融支援機構が毎月買い取り、保証型は民間の住宅ローン証券化に同機構が保証を付ける(付保)。

申込み戸数の内訳は、買取型で前年同期比27・6%減の2万7089戸、保証型で66・7%減の52戸と大きく減少した。一定期間金利を優遇する「フラット35S」は、買取型で31・8%減の2万3645戸、保証型で73・4%減の41戸と全体よりも落ち込み幅が大きく、フラット35Sが全体の水準を左右する状況に変化はない。

2012年7月19日付け5面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)