政府税調、住宅の贈与税非課税拡大は来週以降に議論持ち越し | 住宅産業新聞

政府税調、住宅の贈与税非課税拡大は来週以降に議論持ち越し

政府税制調査会は24日、住宅取得資金の贈与税非課税枠を2千万円に拡大することを含めた国交省の主要要望項目3つについて議論した。税調の評価は、「認められない」という厳しいもの。要望に当たった馬淵国交副大臣は、「現在の相続時精算課税制度の使い勝手が悪い。(贈与税非課税拡大は)市場に対するメッセージになる」と強調。一方、峰崎財務副大臣は、「住宅ローン減税は規模を大きくしても市場が多くならず、需要の先食いしただけだ。(世帯数を住宅が上回る)量的拡大にはつながらない時代との共通認識の上で議論したい」とし厳しい認識を示した。住宅の贈与税非課税拡大については、来週以降に行う資産課税に関する議論のなかで引き続き検討する。

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)