中古売買前リフォームで価値向上、価値向上額は平均166万円に | 住宅産業新聞

中古売買前リフォームで価値向上、価値向上額は平均166万円に

中古住宅の売買前にリフォームを実施した物件の約4分の3で価値が向上――。国土交通省がまとめた「平成22年度既存住宅流通活性化事業」の事業者アンケート結果によると、中古住宅の売買前にリフォームを実施した場合、リフォームを実施しなかった想定売買額より平均166万円上昇したとの結果となった。リフォーム部位は外壁の塗装・仕上げ工事、外構工事など見た目に関わる実施率が高い。また、価値が向上したと想定される物件数は、調査対象の73・7%だった。

昨年度に国土交通省の補助事業「既存住宅流通活性化事業」を利用した事業者にアンケートを実施。個人と宅建業者が売り主となる中古住宅売買において、売買前リフォーム876件について、リフォーム工事費用の平均額、実施効果、想定価値向上額を集計した。

2011年7月7日付け7面から記事の一部を抜粋

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)