国交省、リフォーム保険や履歴情報整備する宅建業者やリフォーム工事業者へ補助 | 住宅産業新聞

国交省、リフォーム保険や履歴情報整備する宅建業者やリフォーム工事業者へ補助

国土交通省は14日、既存住宅売買やリフォーム工事実施時に、リフォーム瑕疵保険への加入、履歴情報の登録・蓄積を行う宅建業者やリフォーム業者に対して、その費用を補助する「既存住宅流通活性化等事業」を開始すると発表した。1981年6月以降に建築確認を受けたいわゆる「新耐震基準」で、2000年3月31日までに建てられた住宅のリフォーム工事やリフォーム工事を伴う売買が対象。

1戸あたり100万円、共同住宅で1棟あたり2千万円を限度に補助金を支給する。1事業者あたり5千万円が上限で、全体で5千戸分を募集する予定だ。

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

コメントを残す

こんな記事も読まれています

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)