LED照明の現状と課題を専門家が整理=JLCAの懇談会で | 住宅産業新聞

LED照明の現状と課題を専門家が整理=JLCAの懇談会で

(社)日本ライティングコーディネート協会(JLCA)は6月、協会役員と賛助会員、顧問、アドバイザリースタッフを交えて「第5回懇談会」を開催した。テーマは、東日本大震災後の電力事情と照明のあり方。

照明専業メーカーが次期の事業の柱として期待を寄せる住宅用LED照明市場は、供給者側が「今年度を本格普及の年にする」(照明器具メーカー)と息巻く一方で、空間デザインや照明計画を手掛けるプロの需要者側は「性能や評価指標がわかりにくく不親切。誤った情報が生活者に伝わる恐れがある」と、供給者側の情報開示体制の不十分さを指摘する。

懇談会を参考に、LED照明の現状と課題を整理した。

2011年7月7日付け6面から記事の一部を抜粋

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)