コイズミ照明が分譲地で街並み照明計画=〝集う照明〟で夜の景観を提案

コイズミ照明(大阪市中央区、梅田照幸社長)は、分譲物件において住民が心地よさを実感できる「街並み照明計画」を推進している。

同社は1990年ころからハウスメーカーとの協業をスタート。当時はプロジェクトごとに照明計画の協力を行ってきた。

分譲地の課題に対して照明器具で解決できるような器具開発を行い、ハウスメーカーに提供していくことがエンドユーザーの悩みや課題の解決につながるという考え方だった。さらに2014年に行ったプロジェクトからは、分譲地の照明計画の指針となる「街並み照明ガイドライン」を策定するなど、新たな取り組みを行っている。

「家を買いたいと思っている人が、この分譲地でコミュニティーを形成したいと思えるような〝集う照明〟によって夜の景観を提案していく」というもの。今後は、AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)などとも連携しながら、さらに住民の快適性を高めていく考えだ。

2019年02月07日付3面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

コメントを残す

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)