東京の強みと弱み分析、災害脆弱性の克服を=首都圏白書 | 住宅産業新聞

東京の強みと弱み分析、災害脆弱性の克服を=首都圏白書

国土交通省は14日、首都圏整備に関する年次報告(首都圏白書)を閣議了承した。

それによると、首都圏における東日本大震災の被害状況についてまとめており、液状化や津波の発生、電力不足による計画停電、帰宅困難者の発生や外資系企業と一部の大使館が首都圏から一時退避するなどの動きを紹介。震災の被害状況から、首都圏の災害脆弱性を克服するために、首都直下地震への備えや、行政や企業の拠点分散化などの広域的なリダンダンシー(補完性)の確保、情報の正確な認識の共有、省電力・省エネ型経済社会への転換を図る必要があるとした。

2011年6月16日付け11面から記事の一部を抜粋

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)