民主国交部門会議に中古市場整備など4つのワーキング設置 | 住宅産業新聞

民主国交部門会議に中古市場整備など4つのワーキング設置

民主党国土交通部門会議(座長=田村謙治衆院議員)は4日、中古住宅市場整備ワーキングチーム(WT)など4つのワーキングチームの設置を決めた。比較的優先度の高い政策について党として議論する。

4つのWTのメンバーを8日まで募集し、早ければ近日中に活動を行う。同部門会議では、今回設置を決めたWT以外のものについても必要に応じて順次設置する方針だ。

4つのワーキングチームは、中古住宅市場整備WT、交通基本法WT、建設技能者賃金対策WT、まちづくり基本法WTで、それぞれ10人から15人で構成する。

2010年11月10日付け7面から抜粋

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)