東京都、高優賃面積緩和など実行するための高齢者居住計画案を公表 | 住宅産業新聞

東京都、高優賃面積緩和など実行するための高齢者居住計画案を公表

東京都は、「高齢者の居住安定確保プラン」(案)を公表した。高齢者向け賃貸住宅の供給、老人ホームの供給、地域で高齢者を支える仕組みの構築の3つを中心に、住宅施策と福祉施策を連携させ、高齢者の多様なニーズに応じた住まいの選択ができるよう環境整備を図る。

具体的には、高齢者向け優良賃貸住宅(高優賃)の面積基準緩和や、生活支援サービス付高齢者向け住宅のサービス内容の届出を、高齢者円滑入居賃貸住宅の登録基準に追加することができる。昨年8月に改正した高齢者居住法に基づき、都道府県が策定する「高齢者居住安定確保計画」として位置づけられる。

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)