国交省、住宅局を組織改正=住宅政策課を”住宅経済・法制課”に変更

国土交通省は7月から、住宅局などの組織改正を行う。住宅局の住宅政策課は、これまで総務課が担ってきた金融関係の事務を移管され、名称を「住宅経済・法制課」に変える。

これまでも担ってきた政策や法令、税制を所管するほか、これまで総務課が担ってきた住宅金融支援機構関連の業務なども住宅経済・法制課に移す。住宅分野では新築住宅着工戸数の減少といった構造的な課題もあるなか、引き続き住宅投資は重要であるとして、経済と法令、税制に特化する組織にする。

政府全体で経済対策に力を入れていることも背景にある。

一方で経済対策以外については、総務課に移し、業務と組織を整理する。住宅政策課が受け持っていた社会資本整備審議会住宅宅地分科会の庶務は、総務課が担う。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

2022年06月28日付5面から抜粋
全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する

あわせて読みたい

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)