断熱性能等級5と一次エネ等級6を新設、住宅性能表示制度で=ZEH水準も評価

国土交通省は、5月に行われた長期優良住宅普及促進法(住宅の質の向上及び円滑な取引環境の整備のための長期優良住宅の普及の促進に関する法律等の一部を改正する法律)の公布を受け、長期優良住宅認定基準の見直し案を示した。

長期優良住宅制度をめぐっては共同住宅も含めた普及を目指し、2018年から学識者などによる議論が進めれらてきており、利用しやすくするため手続きの合理化や実態に即した見直しなどが求められている。

さらに、50年のカーボンニュートラルの実現のため、省エネ性能の向上も目指す。性能表示の省エネ性能でこれまでより上位の等級を設けるほか、断熱性能の基準も引き上げる。

共同住宅の面積基準見直しや、賃貸住宅に対する一部基準の適用除外・合理化を図る。省エネ基準施行のスケジュールは今後検討する。

2021年10月07日付1面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部
住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)