◎技術受検不正に対策=国交省、21年度からの実施目指す◎ | 住宅産業新聞

◎技術受検不正に対策=国交省、21年度からの実施目指す◎

国土交通省は、建設不動産・建設経済局建設業課・建築分野における施工管理技術検定試験の不正防止を具体化するため、「技術検定不正受検対策検討会」(座長=遠藤和義工学院大学副学長・建築学部建築学科教授)を設置した。実務情報の管理・記録方法のほか、不正申請へのペナルティーを含めた検討を行う。国は建設・建築において、施工現場に監理・主任技術者を適正に配置することで、品質や施工性、安全性を確保している。近年、技術検定試験の受検要件となっている実務経験が、実際には認められないものであるにもかかわらず、申請・受検して有資格者となっていた事案が建設・建築の両分野で発生。品質と信頼性を確保するため、検討会での議論を経て、防止対策を今秋にも取りまとめ、2021年度の受検対策へつなげる。

2020年08月13日付5面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)