UR団地で落語や運動、高齢者の健康増進で実験=松竹芸能が提携 | 住宅産業新聞

UR団地で落語や運動、高齢者の健康増進で実験=松竹芸能が提携

都市再生機構は6月30日、松竹芸能と提携しUR賃貸住宅において高齢者に向けた新たな健康増進プログラムの実証実験を開始した。

UR賃貸の高齢者に対して「Laugh=笑い」と「Exercise=エクササイズ」を組み合わせたプログラムを提供する。松竹芸能がプログラム全体をプロデュースし、「笑い」は松竹芸能所属の落語家が実演し、「エクササイズ」は銀メダリストの為末大氏や元オリンピックチームトレーナーの曽我武史氏が開発したプログラムをプロのトレーナーが指導する。

7月から12月まで王子5丁目団地(東京都北区)と豊島5丁目団地(同)の合計7180戸を対象に行い、第1回のプログラムは豊島5丁目団地で25日に実施する。

2014年07月03日付5面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)