日生ケアヴィレッジひばりヶ丘、UR賃貸をサ高住に大規模改修 | 住宅産業新聞

日生ケアヴィレッジひばりヶ丘、UR賃貸をサ高住に大規模改修

都市再生機構と(株)日本生科学研究所は9月25日、ひばりが丘団地(東京都西東京市)でサービス付き高齢者住宅(サ高住)、介護・医療施設が隣接する「日生ケアヴィレッジ」を公開した。

これは同機構による団地再生事業の一環。築50年以上のUR賃貸住宅の住棟をURがサ高住に大規模改修し、1日から入居を開始した。入居者は、隣接する訪問介護・看護事業所や宿泊可能な小規模多機能ホームの食堂が利用できるなどの特徴がある。

「日生ケアヴィレッジひばりヶ丘」は、都市機構の敷地に診療所、訪問介護・看護事業施設、調剤薬局が設置されている「Aエリア」、UR賃貸を大規模改修してサ高住とした「Bエリア」、小規模多機能ホームと認知症グループを1棟の建物を2ユニットに分けた「Cエリア」で構成される。

AエリアとBエリア、BエリアとCエリアは、それぞれ敷地が隣接している。

2014年10月02日付6面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)