OSAとLIXILがトークセッション、アフリカで水を使わない水まわり設備を提案

日本人建築家とケニア人建築家のユニット・一般社団法人OSAジャパンは23日、東京都内のカフェでトークセッションを行い、水を使わないトイレの開発を続けるLIXIL総合研究所の今井茂雄氏らをゲストに招いた。

「排泄は、我々が生きるためには絶対に必要な仕組み」という今井氏は、水道や下水道、電気などのインフラが未発達なケニアの社会情勢に対応する、新しい発想の住まいの水回り設備を提案した。

同社が開発した水や電気を使わずに、し尿や生ゴミを堆肥化するインフラフリー・ユニットは、6月2日までパシフィコ横浜で開催される「アフリカン・フェア2013」のケニアブース内で、実物大のコンセプトモデルとして展示される。

2013年5月30日付け4面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)