TDYとノーリツ、常設のコラボショールームで福島・いわきの住環境復興支援

TOTO、大建工業、YKKAP(以下、TDY)とノーリツの4社は、福島県いわき市の常磐地区に共同ショールーム「いわきコラボレーションショールーム」を新設した。東京23区の約2倍の面積(約1230キロ平方メートル)に県内最大の人口(約12万7千世帯、約33万人)を誇るいわき市は、東日本大震災による復旧・復興に加えて、福島第一原子力発電所の事故による避難などで人口が増加しており、継続的な建設需要が見込まれるエリアだ。

これまで同市内には4社のショールームはなく、「待望のショールーム」と、地元の大手資材卸商社トップは歓迎する。4社ので住宅関連商材がワンストップで確認できる利便性を生かして、同市の早期復旧・復興につなげる。

TDYとノーリツの4社による常設コラボショールームは、宮城県石巻市に次いで2ヵ所目となる。耐震商品や断熱窓、太陽光発電システム(PV)、給湯器、水回り設備機器などを展示した。

2012年2月16日付け6面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅産業新聞は業界の幅広いニュースを掲載しています
定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

コメントを残す

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)